快速電車が40メートルオーバーラン…運転士「一時的に睡魔に襲われた」

読売新聞 / 2020年7月2日 14時7分

1日午前7時15分頃、JR中央線四ツ谷駅(東京都新宿区四谷)で、青梅発東京行き上り快速電車(10両編成)が、停止位置を約40メートル行き過ぎて停車した。電車は停止位置まで戻り、3分遅れで発車した。乗客約1600人にけがはなかった。 JR東日本東京支社によると、30歳代の女性運転士は「一時的に睡魔に襲われた」と説明しているという。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング