早期・希望退職募った上場企業が倍増…リーマン後以来、10年ぶり40社超え

読売新聞 / 2020年7月4日 18時23分

東京商工リサーチの調査によると、2020年上半期に早期退職や希望退職を募集した上場企業は41社に上り、前年同期(18社)から2・2倍に増えた。新型コロナウイルスの感染拡大による業績不振の影響が大きい。上半期で40社を超えたのは、リーマン・ショック後の10年(66社)以来、10年ぶりとなる。 業種別では、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング