給食で窒息し後遺症、久留米市に3900万円賠償命令…1審から増額

読売新聞 / 2020年7月6日 15時3分

脳性まひのある福岡県久留米市の男性(22)が市立久留米特別支援学校で給食中に窒息して重い脳障害の後遺症が残ったとして、男性と家族が、市に約1億5000万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が6日、福岡高裁であり、山之内紀行裁判長は1審・福岡地裁久留米支部判決と同様、市に賠償を命じた。賠償額は1審の500万円から約3900万円に増額した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング