富士通、通勤定期代の支給廃止…テレワークを基本的な働き方に

読売新聞 / 2020年7月6日 19時58分

富士通は6日、在宅勤務などのテレワークを、新型コロナウイルスの収束後も基本的な働き方にすると発表した。通勤定期代の支給をやめて実費精算とする一方で、在宅勤務でかかる通信料や光熱費、機器などを買いそろえる費用として、7月から月5000円を補助する。 対象は、国内の富士通グループで働く約8万人。テレワークと出張で代替できる場合は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング