次男「たくさん刺したから助からない」…父親死亡後、電車にはねられる

読売新聞 / 2020年7月7日 15時24分

6日午前8時35分頃、愛知県豊明市三崎町、会社員西川和男さん(58)方から「息子が夫を刃物で刺したようだ」と110番があった。駆けつけた愛知署員が、1階寝室のベッドの上で腹部から血を流して、あおむけに倒れて死亡している西川さんを見つけた。 この約15分後に、約1キロ離れた名鉄名古屋本線前後駅で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング