福岡・大牟田の浸水4mに、防災科研解析…「線状降水帯」相次いで発生

読売新聞 / 2020年7月7日 10時44分

防災科学技術研究所(茨城県つくば市)は6日夜、九州北部の大雨で、福岡県大牟田市では浸水の深さが少なくとも4メートルに達したとの解析結果を発表した。 防災科研は、SNSに投稿された浸水状況の写真などと標高データを組み合わせて、同市中心部の浸水範囲を推定した。それによると、中心部の広い範囲で浸水し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング