選挙公報に「ひとり10万円」…市長「だます意図ない、悪意ない」

読売新聞 / 2020年7月7日 15時3分

神奈川県小田原市長選の選挙公報に新型コロナ対策として「ひとり10万円」と掲載したことについて、守屋輝彦市長は6日の記者会見で「『国の給付金』と付け加えるなど、もっと的確な表現があったと深く反省している。誤解を与えた市民におわびしたい」と改めて釈明した。 市独自の給付金と解釈した市民も多く、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング