3割もお得なのに…商品券は3割しか売れず、市長「率直に言えば残念」

読売新聞 / 2020年7月7日 15時10分

川崎市が企画した30%のプレミアム付き商品券「川崎じもと応援券」の購入申し込みが、予定数87万冊の約28%(約24万冊)にとどまったことが分かった。券の利用店として手を挙げた店も、想定の約5000店舗の半分以下。市は、コロナで停滞した地元経済へのカンフル剤として企画しただけに、「2次募集を含めて検討している」と話した。 応援券のデザインには、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング