豪雨の死者は計54人、行方不明13人…大分で川に女性流される

読売新聞 / 2020年7月8日 1時27分

停滞した梅雨前線の影響で、九州北部は7日、非常に激しい雨が降り続いた。国土交通省によると、7日正午現在、九州の全7県の9河川20か所で氾濫が発生。熊本と福岡県では新たに5人の死亡が発表され、4日からの豪雨の死者は計54人となった。熊本、鹿児島、大分県では11人が行方不明になっており、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング