梅雨前線、9日まで九州から東北にかけて停滞…土砂災害の危険性

読売新聞 / 2020年7月7日 22時14分

気象庁によると、梅雨前線は8日夜にかけて九州北部地方を南下し、9日頃まで九州から東北にかけて停滞する見通し。これまでの記録的な大雨で広い範囲で土砂災害の危険性が高くなっており、厳重な警戒を呼びかけている。 発表では、8日午後6時までに予想される24時間雨量は、鹿児島、宮崎両県で250ミリ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング