9県の60河川73か所で氾濫…死者57人、不明16人

読売新聞 / 2020年7月9日 9時23分

日本列島に停滞する梅雨前線の影響で、九州は8日も激しい雨に見舞われた。筑後川や大分川など河川の氾濫が拡大。8日夜時点の死者は、前日より1人増えて計57人となった。本州でも岐阜、長野両県に一時、大雨特別警報が出され、浸水被害が相次いだ。 気象庁によると、8日未明までの48時間の最大雨量は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング