九州豪雨、72時間雨量の史上1位が27地点…大分県日田市862ミリ

読売新聞 / 2020年7月9日 13時41分

梅雨前線の影響で豪雨に見舞われた九州で、7月に観測された72時間雨量が観測史上最大を更新した地点が27地点(8日時点)に上ったことが、気象庁のまとめで分かった。最初の大雨特別警報が出る前の2日以降、断続的に大雨となっている。熊本県は9日、新たに3人の死亡を発表し、一連の大雨の死者は計60人となった。前線は九州に停滞しており、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング