写真

画像はイメージ

プロ野球の広島が2020年7月9日、マツダスタジアムでDeNAと対戦し1-5で敗れた。先発・森下暢仁投手(22)が初回2死から2点を失いDeNAに先制を許した。4回に会沢翼捕手(32)のタイムリーで1点を返したものの以降は打線が沈黙。8回には中崎翔太投手(27)がタイラー・オースティン外野手(28)の2ランなどで3点を失った。連敗を脱出したばかりのチームはこれで借金「2」となった。 中崎、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング