看守「同居家族に持病あるので…」除菌スプレー缶12本を無断で持ち帰る

読売新聞 / 2020年7月11日 15時0分

職場の除菌スプレー缶12本を無断で持ち帰り、うち1本を私的に使ったとして、大阪刑務所は10日、丸の内拘置支所(和歌山市)の男性看守(60)を停職1か月の懲戒処分にしたと発表した。男性看守は「同居の家族に持病があり、新型コロナウイルスに感染するリスクを下げるため、自宅に入る前に自らに振りかけた」と話しているといい、同日付で依願退職した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング