大阪の新モデル、「黄信号」点灯の可能性も…若者の感染目立つ

読売新聞 / 2020年7月11日 18時16分

大阪府で10日、22人の新たな新型コロナウイルス感染者が確認され、府が休業要請・解除などを行うための新たな「大阪モデル」で、警戒基準の「黄信号」が週末か週明けにも点灯する可能性が出てきた。 発表によると、22人のうち14人が10~20歳代で、若者の感染が目立っている。30歳代は3人、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング