共同記者コロナ感染…仙台支社の30代男性、同僚7人が濃厚接触者

読売新聞 / 2020年7月11日 20時25分

共同通信社は11日、仙台支社(仙台市青葉区)に勤務する30歳代の男性記者の新型コロナウイルス感染が判明したと発表した。男性は8日に 倦怠 ( けんたい ) 感があり、11日にPCR検査を受けたところ、陽性と判明。現在入院中だが重篤ではない。感染経緯は不明で、同僚7人が濃厚接触者となっているという。 共同通信社は「保健所など関係機関と協力し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング