感染病床4床のみ、市は観光施設再閉鎖検討…「GoTo」高いリスク懸念

読売新聞 / 2020年7月14日 7時25分

新型コロナウイルスの感染拡大で落ち込んだ需要を喚起する国の「GoToキャンペーン」について、青森県むつ市の宮下宗一郎市長は13日の記者会見で「リスクが高い場所から低い場所に人が確実に動く」と否定的な見解を示した。市内にある観光施設などの再閉鎖を検討しているという。 国はキャンペーンの旅行・観光分野を22日に開始すると発表している。 宮下市長は「(市内の感染者用病床が)4床しか確保できない 脆弱 ( ぜいじゃく ) な医療態勢で地域を守る立場にある」と説明、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング