梅雨前線「これほどの長期停滞、記憶にない」…気象庁長官、降雨13日連続

読売新聞 / 2020年7月15日 19時45分

九州を中心に各地に記録的な大雨をもたらした梅雨前線は、15日も本州の南海上に停滞し、全国的に雨や曇りとなった。雨は3日から13日間連続と異例の長さとなり、2年前の西日本豪雨の11日間を超えた。気象庁の関田康雄長官は定例記者会見で「(これほど長期間の停滞は)記憶にない」との認識を示した。 気象庁によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング