写真

オンラインで会見するFRBのパウエル議長

【ワシントン=山内竜介】米連邦準備制度理事会(FRB)は16日、金融政策を決める連邦公開市場委員会(FOMC)を開き、事実上のゼロ金利政策の維持を決定した上で、2023年末まで継続するとの見通しを示した。大規模な金融緩和の長期化で、新型コロナウイルスの感染拡大で打撃を受けた米経済を下支えする。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング