写真

ウライにかかったサケを取り出す組合員(昨年12月18日、大仙市の玉川で)

秋田県大仙市の雄物川水系で行われている伝統のサケ漁は、ここ数年の捕獲数が約20年前に比べ、倍増している。サケは産卵のため生まれた川に戻ってくる性質で知られるが、漁業関係者は様々な要因でサケの回帰率が上がったものとみている。 市などによると、同市のサケ漁は江戸時代から内陸部の人たちのたんぱく源確保のために行われ、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング