写真

 3月20日、終盤のニューヨーク外為市場ではポンド/ドルが下落。英政府が29日にEU基本条約50条を発動し、正式なEU離脱通告を行うと表明したことが材料視された。昨年11月撮影(2017年 ロイター//Dado Ruvic)

[ニューヨーク20日ロイター]-終盤のニューヨーク外為市場では、ポンド/ドルが下落した。英政府が29日に欧州連合(EU)基本条約(リスボン条約)50条を発動し、正式なEU離脱通告を行うと表明したことが材料視された。 ドルは他の主要通貨に対しては小動きにとどまった。 ポンド/ドルはロンドン時間の午前中に0.33%程度上昇する場面があったが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング