中国・ロシア・北朝鮮など「道徳的にふらち」、米人権報告書で批判

ロイター / 2018年4月21日 6時33分

[ワシントン20日ロイター]-米国務省は20日、中国、ロシア、イラン、北朝鮮の政府を「道徳的にふらち」と名指しで批判した上で、当該国では人権侵害が日常的に行われており、人権状況の不安定化が目立つと指摘した。 2017年版の世界人権報告書で明らかにした。シリア、ミャンマー、トルコ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング