写真

<description role="descRole:caption"> 11月20日、韓国の原子力委員会は、日本政府が東京電力の福島第1原発の汚染水放出に関する情報開示に消極的なことが、影響を最小限にとどめようとする近隣慮国の取り組みの障害になっていると指摘した。写真は韓国チョナンで2009年3月撮影(2019年 ロイター/Jo Yong-Hak) </description>

[ソウル20日ロイター]-韓国の原子力委員会は20日、日本政府が東京電力の福島第1原発の汚染水放出に関する情報開示に消極的なことが、影響を最小限にとどめようとする近隣慮国の取り組みの障害になっていると指摘した。 福島第1原発は、2011年の東日本大震災の津波で損壊し、複数の原子炉が炉心溶融(メルトダウン)を起こした。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング