写真

 9月20日、仮想通貨取引所Zaifでハッキング被害が発生したことで、コインチェック事件などで打撃を受け業容の再拡大を目指してきた仮想通貨交換業者は、その目算が大きく狂った。都内で3月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京20日ロイター]-仮想通貨取引所Zaifでハッキング被害が発生したことで、コインチェック事件などで打撃を受け業容の再拡大を目指してきた仮想通貨交換業者は、その目算が大きく狂った。また、似た構図での不正流出が再び起こり、金融庁による業者監督の難しさも露呈した。 同庁は、今回の事件で損害を受けた顧客への補償が、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング