写真

 1月20日、フランスのルメール経済・財務相は、自動車大手ルノーのカルロス・ゴーン会長兼最高経営責任者(CEO)の後任について、タイヤ大手ミシュランのジャンドミニク・スナールCEOが適任かもしれないとの考えを示した。写真はパリ近郊にあるルノー本社。2018年11月撮影(2019年 ロイター/File Photo)

[パリ20日ロイター]-フランスのルメール経済・財務相は、自動車大手ルノーのカルロス・ゴーン会長兼最高経営責任者(CEO)の後任について、タイヤ大手ミシュランのジャンドミニク・スナールCEOが適任かもしれないとの考えを示した。 仏日曜紙ジュルナル・デュ・ディマンシュとのインタビューで述べた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング