米、印に専門職ビザ発給制限を通達 データ保管問題と連動か

ロイター / 2019年6月20日 9時5分

[ニューデリー19日ロイター]-米国はインドに対して、外国企業にデータの国内保管を強制する国には専門技術を有する外国人向け査証(H1─Bビザ)の発給制限を検討していると伝えた。事情に詳しい関係者がロイターに明らかにした。 インドは米国から最も多くのH1─Bビザを発給されており、大半は同国の大手IT企業に勤務する人がその対象になっている。ただインドのデータ保管に関する厳しいルールが多くの米企業を混乱させ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング