写真

6月20日、フランス自動車大手ルノーは、連合を組む日産自動車が25日の株主総会で提案するガバナンス(企業統治)改革に向けた特別決議案に賛成する方針を表明した。仏ボルドーで12日撮影(2019年 ロイター/REGIS DUVIGNAU)

[東京/パリ21日ロイター]-日産自動車が25日の株主総会に諮る統治(ガバナンス)改革に向けた議案について、筆頭株主の仏ルノーが20日、賛成する声明を発表した。両社は同改革に伴い新設する委員会の人事を巡り対立しており、ルノーは採決棄権の意向を示していたが、日産がルノーの要求に応えた人事案に修正し、ルノーの棄権を回避したかたちとなった。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング