【ワシントン時事】米空軍は6日、極超音速兵器の空中発射実験に失敗したと発表した。極超音速兵器は迎撃が困難とされ、中国やロシアも軍事的優位性を確保するために開発を競っている。実験失敗は米軍にとって痛手となりそうだ。空軍によると、5日にカリフォルニア州にある空軍基地から離陸した戦略爆撃機B52Hが沖合上空でARRWと呼ばれる極超音速ミサイルを発射しようとしたが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング