熊本・藤崎台球場を巡る伝説の数々…“熊本の乱”に新庄剛志“二刀流”デビュー

夕刊フジ / 2017年4月21日 17時6分

【江尻良文の快説・怪説】昨年4月19日の巨人-中日戦は熊本大震災で中止になったが、今季の巨人-ヤクルト戦は無事行われた。舞台の熊本・藤崎台球場を巡る伝説の数々とその背景は…。巨人・王貞治が現役最終打席を飾る右翼席へのホームランを放ったのが、この球場。当時は秋にもオープン戦があり、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング