ベストナインに異変!“初顔”続出 ヤクルト・山田不振で広島・菊池が“独占”

夕刊フジ / 2017年11月21日 17時6分

【江尻良文の快説・怪説】日本野球機構が17日に発表した2017年セ、パ両リーグのベストナインには、5人ずつ初受賞者が出ていることが珍しく、しかも“苦節何年目”の中堅が多い。パ投手が8年目の西武・菊池、同捕手が育成含め7年目のソフトバンク・甲斐、同一塁手には12年目の楽天・銀次(ただし、14年に三塁手で受賞)。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング