米共和党、アラバマ州補欠選の勝利目指す 候補者は未成年暴行の疑い

ロイター / 2017年11月21日 9時28分

[ワシントン20日ロイター]-米国大統領上級顧問のケリーアン・コンウェイ氏は20日、税制改革法案を上院で可決するため、アラバマ州の上院補欠選挙で共和党のロイ・ムーア氏(70)の当選を望んでいると明らかにした。 ムーア氏は30代の頃、10代の女性らに性的交渉を強要した疑いが持たれている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング