写真

 11月20日、米国務省ナンバー2のポストとなる国務副長官に指名されているビーガン北朝鮮担当特別代表(写真)は、駐留米軍の経費負担を巡り韓国、日本と合意できると述べる一方、いかなる国も「ただ乗り」はできないとの見解を示した。9月23日、ニューヨークで撮影(2019年 ロイター/Jonathan Ernst)

[ワシントン20日ロイター]-米国務省ナンバー2のポストとなる国務副長官に指名されているビーガン北朝鮮担当特別代表は20日、駐留米軍の経費負担を巡り韓国、日本と合意できると述べる一方、いかなる国も「ただ乗り」はできないとの見解を示した。 ビーガン氏はこの日、上院外交委員会で行われた国務副長官指名承認の公聴会に出席。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング