写真

<description role="descRole:caption"> 11月21日、中国政府は、来年の台湾総統選挙の蔡英文総統の副総統候補が独立を志向していると述べたことについて、台湾は自ら「災難」を招いていると警告した。写真は副総統候補の頼清徳・前行政院長。台湾の台北で2017年9月撮影(2019年 ロイター/Tyrone Siu) </description>

[台北21日ロイター]-中国政府は21日、来年の台湾総統選挙の蔡英文総統の副総統候補が独立を志向していると述べたことについて、台湾は自ら「災難」を招いていると警告した。 蔡総統は17日、頼清徳・前行政院長を総統選の副総統候補とした。与党・民主進歩党(民進党)は台湾の正式な独立を標榜しているが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング