人民元急落、新型肺炎感染拡大でリスク回避 円に安全買い=NY市場

ロイター / 2020年1月22日 7時18分

[ニューヨーク21日ロイター]-ニューヨーク外為市場では、中国で新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を背景に人民元が急落する一方、安全資産としての円に買いが入った。中国湖北省武漢市で検出され感染が広がった新型コロナウイルスによる肺炎は、首都北京や上海、広東省でも感染者を確認。この日は米疾病対策センター(CDC)が米国内で初の患者を確認したと発表した。 別の種類のコロナウイルスが原因だった2002ー03年の重症急性呼吸器症候群(SARS)の感染拡大が連想されたことで世界的に株価が下落。ソシエテ・ジェネラルのアナリスト、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング