日本が20機以上のF35A追加調達へ、国内組立取りやめも=関係者

ロイター / 2018年2月21日 12時23分

[東京21日ロイター]-日本政府は、米国から最新鋭のステルス戦闘機「F35A」を20機以上追加購入する方向で調整に入った。調達費が割高になる国内での最終組み立てを取りやめ、完成機を輸入することも検討している。これとは別に、垂直に離着陸可能な「F35B」の購入も米国側と協議している。 日米の複数の関係者が明らかにした。今年末にまとめる5カ年の中期防衛力整備計画に盛り込む。 日本は航空自衛隊の「F4」戦闘機の後継として、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング