焦点:韓国現代自の「低賃金」工場、じり貧の企業城下町救うか

ロイター / 2019年4月22日 8時45分

HyunjooJin [光州(韓国)16日ロイター]-かつて韓国光州市で起亜自動車労働組合のトップだったパク・ビュンキュ氏(53)は、急速な工業化時代に経済を牛耳っていた同族支配の強大な「チェボル(財閥)」を相手に、労働者の保護を求めて戦った。 だが約20年前、別企業の非正規労働者の権利を求める運動に参加したパク氏は、その後、鉄パイプを振るう組合労働者たちに襲撃され、右半身不随となった。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング