写真

 5月21日、米政権幹部は、イラン情勢について議会で説明を行った。写真左はシャナハン国防長官代行、右はポンペオ国務長官、ワシントンで撮影(2019年 ロイター/James Lawler Duggan)

[ワシントン21日ロイター]-米政権幹部は21日、イラン情勢について議会で説明を行った。説明を受けた議員によると、高官らはトランプ政権がイランを攻撃することではなく同国による攻撃を抑止することを望んでいると強調した。 下院で非公開の説明が行われた後、外交委員会のエンゲル委員長は記者団に対し、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング