インディアンス22連勝は凶兆か? 過去に20連勝以上した3球団が世界一になっていない現実

夕刊フジ / 2017年9月22日 17時6分

【ダッグアウトの裏側】吉兆どころか、凶兆だ。1948年以来69年ぶりの世界一を目指すインディアンスが15日(日本時間16日)のロイヤルズ戦で敗れるまで22連勝。引き分けを挟まない連勝では米大リーグ最長記録となった。「連勝が止まってもわれわれの戦い方は何も変わらない。メディアの数が減るくらいだろう」とはイ軍のテリー・フランコナ監督。すでにア・リーグ中地区2連覇を決めている。実は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング