フェイスブックCEO、個人情報で「過ち犯した」 対策強化へ

ロイター / 2018年3月22日 9時2分

[サンフランシスコ21日ロイター]-フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は21日、個人情報利用問題について初めて公にコメントし、利用者5000万人のデータの取り扱いで「過ちを犯した」と認め、アプリ開発者のアクセス制限に向け、対策を強化する考えを示した。 フェイスブックを巡っては、英データ会社ケンブリッジ・アナリティカ(CA)が5000万人以上の個人情報を不正に入手し、2016年の米大統領選でトランプ陣営を有利にするために使われたと指摘されており、欧米当局が調査に乗り出している。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング