シリア情勢で米議員からトルコ制裁の声、クルドは「民族浄化」と非難

ロイター / 2019年10月22日 13時58分

[ワシントン21日ロイター]-米議員らは21日、トルコのシリア進攻を改めて批判し、トルコが進攻を止めなければ制裁を科すべきと主張した。クルド人の政治家はトランプ米大統領に対し、クルド人の「民族浄化」を止めるよう訴えた。 クリス・バン・ホーレン上院議員(民主党)は記者会見で「われわれは殺りくを止めなければならない。イスラム国(IS)が活動できないようにする必要がある」と述べた。 議員らは、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング