マクドナルド、インド北・東部で169店閉鎖へ 契約業者と対立

ロイター / 2017年8月22日 9時10分

[ニューデリー21日ロイター]-米マクドナルドは21日、インドの北部および東部で展開する169店舗のすべてを閉鎖する計画だと発表した。現地パートナーとのフランチャイズ契約を巡る対立激化が原因で、数千人が職を失う恐れがある。 マクドナルドは現地パートナーのコンノート・プラザ・レストラン(CPRL)がフランチャイズ契約の条件に違反したため、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング