[ソウル22日ロイター]-韓国産業通商資源省の通商交渉本部長、金鉉宗氏は22日、自由貿易協定(FTA)を巡る米国との協議が、FTA見直しの可能性に関する議論の進め方で合意に至らないまま終了したことを明らかにした。 同氏は記者会見で「FTAに関する双方の見解が異なり、合意には達しなかった」と説明した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング