写真

 9月22日、国際通貨基金(IMF)の対日4条協議を統括するオッドパー・ブレック・アジア太平洋局次長は、日銀の金融政策について、現行の大規模緩和を継続すべきとの見方を示した。写真は都内で9月撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[東京22日ロイター]-国際通貨基金(IMF)の対日4条協議を統括するオッドパー・ブレック・アジア太平洋局次長は22日、日銀の金融政策について、現行の大規模緩和を継続すべきとの見方を示した。 また、2%のインフレ目標達成に向けた計画について市場への説明を改善すべきだと指摘した。 同次長は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング