写真

 7月22日、アスクルは、個人向けインターネット通販「ロハコ」事業の譲渡をめぐる親会社ヤフーの主張について、これまでの経緯を説明した上で「明らかな虚偽だ」と再反論した。写真は都内で2009年8月撮影(2019年 ロイター)

[東京22日ロイター]-アスクルは22日、個人向けインターネット通販「ロハコ」事業の譲渡をめぐる親会社ヤフーの主張について、これまでの経緯を説明した上で「明らかな虚偽だ」と再反論した。 ヤフーはアスクルが18日に開催した記者会見を受けて、ロハコ譲渡の可否について「意向をうかがったに過ぎない」として「今後も事業譲渡を申し入れる方針はない」などと説明、ロハコ事業はアスクルのもとで運営していくことが最良との判断を示した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング