ステーキの「正しい焼き方」新常識は本当か 従来の逆張り手法、「狙い」が曖昧なことも

夕刊フジ / 2017年8月23日 17時12分

【肉道場入門!】この数年、肉の焼き方の常識が変わり続けている。ステーキなどはその代表選手だろう。例えば昭和の頃のステーキの焼き方といえば「常温に戻した肉に塩・胡椒をする」「強火にかけたフライパンに牛脂やバターを入れて焼く」「ひっくり返して、少し焼いたら濡れ布巾でフライパンを冷まし、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング