写真

10月23日、経営難に陥っている共有オフィス「ウィーワーク」運営会社の米ウィーカンパニーのマルセロ・クラウレ新会長は、創業者アダム・ニューマン氏に多額の支払いを行うことの妥当性を強調するとともに、現在はウィーが破綻する「リスクはゼロ」だと明言した。写真は米サンフランシスコのウィワークのオフィスで9月撮影(2019年 ロイター/Kate Munsch)

[23日ロイター]-経営難に陥っている共有オフィス「ウィーワーク」運営会社の米ウィーカンパニーのマルセロ・クラウレ新会長は23日、創業者アダム・ニューマン氏に多額の支払いを行うことの妥当性を強調するとともに、現在はウィーが破綻する「リスクはゼロ」だと明言した。社員集会での発言の録音内容をロイターが確認した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング