写真

 5月22日、アマゾン・ドット・コムの顔認識サービスを巡り、米国の40を超える市民団体が、移民や有色人種を不当に扱う手段として悪用されかねないとして、政府への提供をやめるよう求める書簡を送った。写真はアマゾンのロゴ。印バンガロールのオフィスで4月撮影(2018年 ロイター/Abhishek N. Chinnappa)

[22日ロイター]-アマゾン・ドット・コムの顔認識サービスを巡り、米国の40を超える市民団体が22日、移民や有色人種を不当に扱う手段として悪用されかねないとして、政府への提供をやめるよう求める書簡を送った。 同社が2016年終盤に導入した「Rekognition」と呼ばれるこのクラウド経由のサービスは、不快なコンテンツの検知や有名人の特定、公共の安全確保などにも役立つ。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング