イラン大統領、米の「敵対的」政策を批判 「失敗に終わる」

ロイター / 2018年9月26日 7時6分

[国連25日ロイター]-イランのロウハニ大統領は25日、米ニューヨークで開催されている国連総会で演説し、米政府のイランに対する敵対的な政策を批判し、米国のアプローチは失敗に終わるとけん制した。 ロウハニ大統領は、米国がイラン制裁を再開し、「経済戦争」を仕掛けていると批判。「米国の対イラン政策は初めから間違っている」とし、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング