[モスクワ25日ロイター]-ポーランドとドイツは主要パイプライン「ドルジバ」を通じたロシア産原油の輸入を停止した。高濃度の有機塩素化合物が混入し、原油の品質が悪化していることが理由。 ポーランドやドイツの製油所への原油供給が滞る可能性がある。 輸入国のトレーダーによると、ドルジバを運営するロシアの国営パイプライン会社トランスネフチが補償を求められる可能性もある。 ドルジバは、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング