写真

 6月24日、2020年米大統領選の民主党候補指名を目指すサンダース上院議員(無所属)は、総額1兆6000億ドルに上る学生ローン債務を全額免除する法案を発表した。写真は22日に南カリフォルニアで撮影(2019年 ロイター/Randall Hill)

[ワシントン24日ロイター]-2020年米大統領選の民主党候補指名を目指すサンダース上院議員(無所属)は24日、総額1兆6000億ドルに上る学生ローン債務を全額免除する法案を発表した。金融取引への課税で原資を得る計画。 サンダース氏は記者会見で米国民4500万人の学生ローンが帳消しになると説明。株式、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング